自然災害の損害は補償の対象外

東日本大震災では、多くの車両が津波で流されました。

 
震災後、東北地方では需要増加でで中古車在庫が不足しました。
直ぐに自動車を再取得しなければ、仕事にならない、生活が成り立たない、そんな人が多かったのでしよう。

 
しかし、自動車保険を使って再取得した人は僅かでした。
借金をしたり、貯金を取り崩して購入した人がほとんどです。
車両保険は、台風や竜巻、洪水などは対象になりますが、地震・噴火・津波などの自然災害よる車両損害はたとえ一般車両保険に加入していても、補償対象外となっているからです。

 
本来は、支払ってもらえない地震・津波・噴火などの災害による車両の全損。
これを支払う特約が、最近は各社から出ています。

 
保険会社や個々の契約条件によって差がありますが、年間で5千円程度の保険料負担になります。
この特約を付けておけば、地震・噴火・津波による車両損害に対して一時金を受け取れます。
近い将来、高い確率で確実に起こるといわれている大地震。
海沿いに居住している方や、何台も所有車を保有する経営者の方、車を日常的に使用する方、万が一の時に貯蓄以外に再建の足がかりとなる一時金が別枠で必要だと考える方には、検討する価値のある特約です。

コメントは受け付けていません。