対人賠償保障について注意しておくポイント

対人賠償とは、他人や第三者に対する賠償保険です。
歩行中の通行人をはねて骨折させてしまった。停車中の自動車に突っ込んで、相手の運転者が鞭打ちになった。
これらは対人賠償で補償されます。相手が他人だからです。
注意しなければならないのは、事故のお相手が他人ではない場合です。

 
駐車中、車の後ろで遊んでいた子どもに気がつかないで轢いてしまった。
よく報道される、痛ましい事故の代表ですが、この場合、任意保険の対人賠償保険で保険金は支払われません。
家族がその家族に損害請求し、家族に賠償金を払ってしまうのを認めると、保険が成り立たなくなるのかもしれません。
自賠責保険では、運転者と運行供用者以外が補償されますので、配偶者や家族を轢いてしまった場合でも補償されます。
ただし、自賠責は補償の上限がきまっています。
不安な方は、同居の親族も対人賠償の補償対象に含める特約が出ていますので検討してみて下さい。

 

 

対人賠償保険は無制限に設定されている方がほとんどですが、まれに1億円など上限を設けているケースがあります。
保険料の削減のため、上限を設定するのは良くある方法ですが、保険料削減効果はわずか数100円です。
1億を超える賠償保険金額の判例も多く出ていますので、安易な上限設定はやらないほうが賢明です。

コメントは受け付けていません。