故意の事故と保険金

車は便利な道具ですが、しかしその使用には危険も伴うことをドライバーはよく認識していなければなりません。とりわけ何らかの事故を起こしてしまったならそれは自分にとっても相手にとっても大きな損害を与えることになりかねません。とりわけドライバーは多くの罰則が与えられることになります。刑事上のものとして、禁固や罰金が科せられたりします。行政上の罰とて免許の停止や取消といったことになることもあります。また賠償責任も生じます。それは相手に与えた損害を金銭で支払うということですが、もし仮に相手を死亡させてしまったならその賠償金額は莫大なものとなってしまいます。この賠償責任を果たすためにも、そのような万が一の状況に備えて車の任意保険に加入していることはとても重要な選択といえます。

 
しかし、事故を故意に起こした場合には、対人賠償保障のための保険金は支払われません。自動車保険は偶発的に発生したものに関して補償されるものであり、わざと引き起こされたものや運転者に重大な過失がある場合などにおいては保険会社は支払いを行いません。

 
ですから車を運転する時には十分安全に注意を払いながら、ルールとマナーを守ることは大切なこととなります。

コメントは受け付けていません。