自賠責の上乗せができるという特徴

自賠責保険とは、被害者保護を目的に、交通事故に備えてバイク・車に法律で加入が義務つけられた保険で、別名強制保険とも呼ばれています。

強制保険は、被害者保険を目的としていますので、被害者の過失割合は問われることはありませんが、加入をせずに自動車を運転すると、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金を受けることになります。
強制保険は加入が義務づけられていますが、年々事故に対する補償額も増え、人身事故では、強制保険の金額を大幅に上回る賠償額を請求されていますので、とても強制保険では補償できないのが、現実です。

一方、強制は義務づけられていませんが、車の所有者が万一の交通事故に備えて、上乗せの給付を行うのが任意保険です。
任意保険とは、強制保険で損害の全部を補出来ない場合に、その不足額を補填して支払ってくれることになります。
人身事故が発生した場合、被害者への賠償は、これら2つの保険から支払われますが、強制と任意の関係は任意は強制の上乗せなのです。
人身事故は、強制で補償され、足りない部分を任意で補填することになります。

又、強制保険はあくまでも被害者のケガに対する補償であり、事故で物を壊した場合の補償や、自分自身のケガや自分自身の車の損害に対しては支払われることが無く、それをカバーしてくれるのが任意保険です。

 

コメントは受け付けていません。