損害賠償額の補償の特徴

自転車事故を起こしてしまうと自分自身の怪我のリスクと相手に怪我を負わせしまい、損害賠償責任を負うことなります。

 

近年に発生した自転車事故の裁判で加害者側に対して約9000万円の高額賠償金を命じる判決が下されました。時に、賠償金を払うことができずに自己破産を申請するケースも多いのです。そのようなリスクを回避するためには、自転自転車保険に加入することです。

 

保険会社にはワンコインから支払える商品もあり加入しやすくなっているのが特徴です。車での人身事故での損害額賠償額は最高3億円の賠償命令が裁判所から命じられたケースが過去15年で11件あります。自賠責保険では足りない部分を上乗せする型で契約した保険金額を条件に支払われる特徴です。例えば、自動車事故で被害者が死亡してしまい、2億円の損害賠償額を支払う場合、自賠責保険から3000万円支払われる、対人賠償保険が無制限で補償されている場合、1億7000万円が支払われます。

 

もし、契約保険金額が1億円だと7000万円は自己負担になりますので、自分を守るためにも無制限で加入して損はありません。しかし、自分故意の事故、運転者および家族が死亡、台風や水害などの災害時に起きた損害は対象外となり保険金は支払われません。

コメントは受け付けていません。